2020年12月19日土曜日

敗戦から75年

「アジアの風part2青空」 ♪充分すぎるくらい学んだはずが同じことを繰り返し・・・違うか♪ 反戦の祈り、悲しみ、怒り、未来への希望 ガンガン響いてくる 歌詞の内容が深く重くなりそうな感じを エレキの曲調メロディーがすばらしいリズムでストレートに ロックに仕上げている バックメンバーの一人一人の音楽の技術がすごい これが浜省の歌 同じ時代を過ごしている事がうれしい 広島、長崎、3.11東日本大震災、そしてコロナ・・・ 地の底から湧き上がる怒りと祈り力強い歌声に 「平和への願い」を心から感じた またバックスクリーンのアニメーションが強烈に感動的でした。

2020年12月17日木曜日

悲しみは雪のように

君の肩に悲しみが雪のように積もる夜には・・・♪ 出てこないこんな歌詞は!   浜省で感動。

2020年12月1日火曜日

浜田省吾(家路)  桜井(HERO)

桜井にとってのヒーローだった浜田省吾との共演。 めちゃくちゃうれしかったと同時にめちゃくちゃ緊張しただろうね。 大物過ぎるアーティストの方がバックの方達に敬意をはらっている。 そこも一流なのかもしれません。 感極まって、次の曲HEROを歌えなくなった。 (唯一涙したライブだったそうです) そんな桜井さんをカバーするかのようにファンが大合唱。 桜井さんが少年になった。そして成長した。 誰かが、誰かを感動させ、影響を与える・・・繰り返えされるんだなー。 最後のピアノ小林武司さんが桜井さんの姿を見て涙を拭うシーンもすごく印象的で感動。 無理のない発声、声量。 浜田省吾やっぱりかっこいい、かっこよすぎる。          音楽で感動

2020年8月19日水曜日

渡哲也さんご逝去

石原良純さんが、渡さんと「太陽にほえろ」で共演していた。「圧倒的にこわかった。渡さんがテレビ局にいると聞いたら、とにかく座っていられない。とにかく立って渡さんがいらしていないのを確認してから、座らないといけない。」と若い日の思い出を振り返った。 渡さんの意向で、「別れの会」も開かないと知らされ良純は、舘さんに連絡をいれたそうだが、 「それは、上が決めてんだぞ、上がそう言ってんだ。」 「上が決めてんだから、その中で整理をつけていくもんだ。」と言われたそうである。 石原軍団の絆に改めて感動した。 ご冥福をお祈り申し上げます。

2020年7月15日水曜日

何をしてるんですか?




一人は、命令でレンガを積んでいるんです。


一人は、壁を作っているんだ。金が良いからやっているんだ。


一人は、後世に残る大聖堂を造っているんだ。


お家を建ててもらうとしたら、誰に建ててもらうのか?


 
 目的意識が全く違う人達ではある。


 みんな人材である。


 その中で、高い目標、希望をもって進んでいる人が必ず勝つ。


 負ければ、みじめである。


 男は、勝たねばならない。


 金もうけすることが、勝つことなのか。・・・・・



 自分自身の行動に一生懸命、進むことである。

 自分自身の甘えの心に勝つことである。






                    今日も学ぶことに感動。


 

 

 
 
 


                 

2020年6月27日土曜日

ブルーインパルス



仕事とはいえ、さまざまな災害支援に尽力。

 

自衛隊は感謝される側。

 

それなのにエールを送る。




                                     
                          

            ありがとうございました。


                                 


2020年5月28日木曜日

感謝

 

ナイチンゲール


大金持ちの娘に生まれ、5か国語を話せる才女。

何不自由ない生活が保障されていた。

「私の夢は看護師。」

当時の看護師は、世の中の底辺に位置する職業。


白衣の天使!

それは、あこがれや、見栄の名前ではない。

現実は、そんな甘いものでない。

私の手は、多くの人々の尊い生命を守る武器である。

私の無音の落ち着いた行動は、病と戦い続け、苦しみ抜いている

人々のためにありたいと・・・・・・。




               看護にたずさわる皆さんに感謝。