2020年5月28日木曜日

感謝

 

ナイチンゲール


大金持ちの娘に生まれ、5か国語を話せる才女。

何不自由ない生活が保障されていた。

「私の夢は看護師。」

当時の看護師は、世の中の底辺に位置する職業。


白衣の天使!

それは、あこがれや、見栄の名前ではない。

現実は、そんな甘いものでない。

私の手は、多くの人々の尊い生命を守る武器である。

私の無音の落ち着いた行動は、病と戦い続け、苦しみ抜いている

人々のためにありたいと・・・・・・。




               看護にたずさわる皆さんに感謝。




2020年4月14日火曜日

今を生きる

 


今、1時間あれば多くの語らいをすることができる。
思いを書き残せることも出来る。

今、30分があればどれだけ、有意義な語らいが出来るだろうか。

この5分があれば、メッセージを残してあげられる。

この1分があれば、伝言を託すことが出来る。

この1秒があれば、目であいさつ出来る。



だから私は決めたのだ。1日1日生きる。


                                 今日も感動

2020年3月10日火曜日

桜梅桃李


アメリカの作家パール・バックは母として、知的障害のある娘を育てた。
 
その日々を、「母よ嘆くなかれ」につづっている。
 
 
アメリカ中の病院を回っていた時に出会った先生に、
 
「お子さんは・・・申し上げますが、正常にはなりせん。
 
この子は、貴方の重荷になるでしょう、その負担に耐える準備をなさい。
 
お子さんが幸福に暮らせるところを、お探しなさい。
 
そのお子さんを置いて、自分の生活をなさい。
 
私は貴方のために本当のことを申し上げているのです。」と・・・
 
 
娘がいなければ、私はきっと自分よりも能力の低い人に我慢できない。
 
あの傲慢な態度を持ちつづけていたに違いありません。
 
娘は私に「自分を低くすること」を教えてくれたのです。
 
 
 
 
ある女性が語ってくれた。
 
脳性まひで生まれ、右半身に障害が残った。
 
それを理由に、どれほどいじめられたか。最初の就職先、
 
「あなたは足が悪いから仕事を頼みたくない」と言われ解雇。・・・
 
 
「きれいな道より、でこぼこ道の方がおもしろいです。だって、
 
つらいと思う時は、成長している証ですもの。」
 
再就職、今は職場の同僚から寄せられる信頼は絶大だ。
 
 
 
 桜梅桃李、一つ一つ色や形は違う。
 
 けれど、どれもきびしい冬をこえて咲く。
 
 
                              感動
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 


2020年2月20日木曜日

Rock、Rock、Rock、ロックンロール



 
 
 
 

(20代の女性)

キャバクラで3年働いているんですけれど・・・

「親から何かしたいことないの」といわれます。

目標もなくて、どうしたらいいのか・・・・・



(矢沢)

あの人が悪いとか、国が悪いとか言うけれど、違うね・・・

居心地がいいのかもしれない・・・

(矢沢)

僕のこと言ってゴメンね。ぼくは15,16歳のころビートルズを聞いて

スコーンとなった。上京して、ロックシンガーになる。

みんな周りの人は、あいつバカじゃないのと言われた。

 

でもね、あのスコーンと来た気持ち、今考えたらアレがなかったら

自分何してたのかなーって思ったりします。

ちょっとしたところに、あるかもしれないんだけどね、

それが、どこで出会えるか・・・・・


みんな僕のことを、こう言うのよ。「矢沢はすごく速い」

思ったらすぐ行動を移してる。

最近分かった。「こわがりで、こわいから、こわいから手を打つ」

僕は、速かったじゃなかったのよ。

こわがりだったのよ・・・・・・・         矢沢永吉。


 

 

 


     

2020年1月18日土曜日

チコちゃんに叱られる

新しい年が明けて18日。

一か月、一年があっという間と感じます。

チコちゃんからの質問で、

「年を取るに連れて一年が早く過ぎると感じるのはなぜ?」 という質問があった。

それは感動の数が年を取ると少なくなり、感動が多いと、一年が長く感じるのだとか。



私も、日々感動をしているにもかかわらず、一年が短く感じるのはどうしてだろう。

まだまだ、感動の数が少ないのだと。

小さい頃、学生の頃、今以上に感動があったのかもしれない。

例えば子供の頃、食堂へ行ってラーメンを食べに行く、それだけで本当に喜んだ。

アルバイトして、ハンバーグ定食を注文した時のお金持ってるぜ気分。

小さい頃、お寿司が食卓へ出た喜び、びっくり、「どうしたこれ?」

大人になると、夕食の一品としか見えなくなったと思う。

学生の頃バスケットに夢中、部活が終わって夕食の後にドリブル夜中まで練習。

「上手くなりたい。」

バンドを組んだ時、音楽を深く学んだ。音符も覚えた。

しびれた。楽しんだ。仲間がいた。

そして恋も・・・・・・・・



日常のドキドキが少なくなることで、早く時間が過ぎたように感じてしまうらしい。













と叱られないように、時間を大切に、どれほど充実した時を過ごすか、

あなたの今の目標は!

明確に答えられるよう今年は出発します。




                                    チコちゃんに感動





















2019年12月25日水曜日

テディが宝石を見つけるまで


言葉が話せるテディという名の犬がいる

飼い主である詩人が、「君が宝石を見つけられるといいな」

と言い残して亡くなる。


ある日テディは、吹雪で迷子になり途方にくれる兄妹を救助する。

その後、子供たちと再会した母親が、テディに「あなたは宝よ」と

涙して感謝を伝える。


他者に尽くしたテディ自身が「宝」だった・・・

                         そんな設定の物語。





毎日の生活も、仕事の過程も作業も「宝」なのだと

感じて、自身も磨いていきたい。



                         
今日も感動





2019年11月29日金曜日

決意



今自分は、いかなる原因をつくっているのか、

今、どう行動しているのか、

これで、未来は決まるのである・・・・・。



                            再度試験に挑戦。